土星回帰までの4年間は土星が試されるとき~弱さを受け入れること~

西洋占星術の時期表示には、トランジット、プログレス、ソーラーアークをはじめ様々な技法がありますが、その中で、土星のサイクルの影響についてあらためて考えてみました。

土星回帰について

土星回帰とは、トランジットの土星が出生時の位置に戻ってくることを言います。

土星の周期は約29年なので、29才、59才、89才の頃が土星回帰となります。

ホロスコープの土星は、おもに父親(的存在)そして教師や上司など、自分を指導してくれる人物を示し、忍耐、思考、寛容、決断など社会で生きるために必要な資質について、良くも悪くも大きな影響があります。

私たちは、それらの影響を通して、時間をかけて自分の中の土星を成長させていくのです。

実際のケースを見ていると、どんな導きを受けてきたか(または受けなかったか)は千差万別であり、それが人生への取り組み方の個性に大きく関わっていることは、とても興味深いです。

土星回帰とは、どれだけ自分の意思に沿って自主的に生きてきたか、あるいは、誰かに言われてそうしてきたのか、土星の成熟度に点検が入るときだと言えます。

・もし、前者のように生きてきたのなら、土星回帰を経てより一層人生の枠組みが盤石になり

・もし、後者のように生きてきたのであれば、土星回帰は本来の生き方にそぐわないものの断捨離のときであり、大きな変化を余儀なくされるのでしょう。

土星回帰と「恐れ」

土星は「形にする」「達成する」「コントロールする」ことであり、

同時にその中に潜んでいる「恐れ」や「苦手意識」に向き合うことも示しています。

例えば、リーダーになりたいけど選ばれるのは恐い、だけど、選ばれないのはもっと恐い、みたいな。

そういう自分の内面に踏み込むのは、いやな感じがしますよね。できれば素通りしたい。

その「恐れ」とは、獲得することへの恐れであると同時に、獲得できないことへの恐れでもあると言えます。

なので、土星回帰は、

自分のなかの「恐れ」にどこまで向き合いコントロールできているか、容赦なくチェックされ、見せつけられるときでもあるのだと思います。

土星のサインと「恐れ」

土星のサインが努力の方向性と克服すべき「恐れ」を表しているならば、こんな感じでしょうか。

  • 牡羊座の土星・・・一番になることに対する恐れ、ものごとを始めることに対する恐れ
  • 牡牛座の土星・・・貧しさ/豊かさへの恐れ
  • 双子座の土星・・・自分の表現・伝達(能力)に対する恐れ
  • 蟹座の土星・・・安全を守ることに対する恐れ
  • 獅子座の土星・・・注目されることに対する恐れ、権威に対する恐れ
  • 乙女座の土星・・・仕事能力に対する恐れ
  • 天秤座の土星・・・ものごとや人間関係における公正・公平さに対する恐れ
  • 蠍座の土星・・・人間関係における自分の「力」や「境界線」に対する恐れ
  • 射手座の土星・・・信じることに対する恐れ、冒険(リスク)への恐れ
  • 山羊座の土星・・・ものごとの管理・達成・成果に対する恐れ
  • 水瓶座の土星・・・社会の中で、他と異なる存在であることに対する恐れ
  • 魚座の土星・・・全体(世間?)と自分の境界線に対する恐れ

これらの「恐れ」と向き合い、満足のいくまで努力できたときに、誰とも比較しない自分の「自信」となるのでしょう。

大切なのは自分の弱さを受け入れることなのかもしれません。

土星回帰の影響はいつから?

土星回帰の影響は半年~1年前位から始まると言われていますが、その時期についてあらためて考えてみました。(あくまでも仮説です!!

一つのアイデアとして、土星が出生時の位置からスタートして同じ位置に戻ってくるまでのサイクルを、月相にあてはめてみます。

まず、新月~次の新月までの月相と意味するものは以下のとおり。

注目したのは、鎮静の月(Balsamic Moon)と言われる断捨離の月相の時期です。

その時期は、次のサイクルの始まりに備えて、取捨選択、整地、要らないもののお片づけのときになります。

そして、土星のサイクルに月相を当てはめてみると、以下の図のようになります。

すると、25才~29才、55才~59才、85才~89才の、土星回帰前の約4年間が、「バルサミックの月」の時期に相当します。

この「バルサミックの土星?」の期間が、土星のサイクルにおける断捨離の時期になると考えてみました。

1回目の土星回帰

1回目の土星回帰については、25才頃から土星の点検が入るのかもしれません。

21才の頃は、土星サイクルを月相に当てはめると「成熟」期になり、24才の頃には木星回帰もあります。

この時期の成功体験が大きいほど、25才~29才頃には、自分の弱さに向き合って、自分のあり方を変えていく必要があるのかもしれません。

多くの場合は、この時期は、親や環境の影響を受けたレールの延長線上で生きているかもしれません。そうであれば、自分の方向性を模索するときと言えます。

いずれにしても、29才頃の土星回帰のころには、結婚、出産、転職、起業、引越しなど、より自分らしく生きる道を歩き始めるのでしょう。

2回目の土星回帰

2回目の土星回帰については55才頃から影響があるのかもしれません。

この頃は、こどもの就職や結婚、親の介護や実家のこと、自分やパートナーの仕事のこと、老後の生活や生き方など、結構たくさんの課題があります。

それらの課題を通して、今まで避けてきたことに向き合う/向き合いたくない、そのようなお話をよくききます。

20代の頃と違って、背負っているものが大きくなっているので、取り組むのはエネルギーを使いますが、まだ体力があるこの時期に片付けておく必要があるのでしょう。それによってその後の生活が快適になると思われます。

そして、健康についてもこの頃から点検しておかないと、土星回帰の頃に大きく表面化するので要注意ですね。

(私は、歯医者にずっと通っています。。)

色々なしがらみは脇に置いて、自分は本当は誰とどんな生き方をしたいのか、正直に考えてみるのがよいのだと思います。

ちょっと面白いのは、土星回帰のあと、60才のころに木星回帰がくることです。頑張ったご褒美として、木星も還暦を祝ってくれるのですかね~(笑)。

まとめ~なぜ土星回帰「前」だったのか?~

今年、1994年~1995年生まれの人の「活躍」と「課題」の両面がとても印象的だったのですが、彼らの土星は魚座10度~20度前後で、ちょうど「バルサミックの土星」の時期に入っています。

例えば、大リーグの大谷翔平選手、ショパンコンクールで2位入賞の反田恭平さん、ジュネーブ国際音楽コンクールで1位の上野通明さんなどは、国の枠を越えてその実力が認められました。(ご本人たちにとっては通過点だと思いますが。)

大谷選手が高校時代に作った「目標達成シート」は有名ですが、自分で目標を定めて実行することが、長年の訓練により身についていたのですね。達成シートにも書かれていた「ゴミ拾い」をいまだに実行しているのは、驚きです。。

土星がしっかりと育っているところに、現在「大きな成功」を示す個人の時期表示が重なっているのでしょう。その場合、土星はより大きな結果をもたらしてくれるのかもしれません。

一方で、東京五輪では、黄金世代と言われた1994年生まれのアスリートたちが、世界トップの実力がありながら実力を発揮できなかったり、何かから解放されてやり切った喜びをかみしめるようなシーンもありました。

彼らの活躍を楽しみに応援していたこともあり、アスリートとしての心の戦いを感じ、見えない「敵」との内なる葛藤は、細かい時期表示からは見えてこないのだなと思いました。

そのようなわけで、心の成長からみた、土星のサイクルによる時期表示を考えてみたのです。

内なる「恐れ」と向き合い、それをコントロールできること、どんな結果も受け入れて自分で自分の人生の責任をとること。

バルサミックの土星の時期は、そのことが問われるときであり、不要なものを手放し、進むべき道を選ぶ。

それが土星回帰以降の、本来の自分らしい生き方につながっていくのだろうと思います。

~土星回帰を迎える若者へ エールをこめて~

参考記事:土星探査機『カッシーニ』とトランジット土星のサイクル

コメント

タイトルとURLをコピーしました