春分図2021年3月

2021年3月20日午後6時38分に春分を迎えます。今年のチャートを見る前に、まずは昨年のチャートで一年間をざっくり振り返ってみましょう。

2020年3月の春分図

特に強調されているのが、ディセンダント上の土星を含む山羊座ステリアム。山羊座が示す社会構造、階級社会、そこに組み込まれた権力などが浮き彫りになり、それらが「もはや時代遅れである」という「歪み」を見せつけられました。

冥王星は、異質なもの(例えばコロナ)の侵入による強制的な新陳代謝を示し、火星木星は、様々な現場で私たちは勇敢に戦い、ピンチをチャンスに変える努力をしてきたことを表しているように思います。

月は水瓶座で、多くの人が階級社会の一部としてではなく「個」としての自分について考え始めました。今まで気づかなかった「個」の違い(感じ方・考え方・行動)を痛感し驚くこともしばしば。

こどもたち(20才前後)の話によると、最近は「ひとり旅」や「ひとり焼肉」など、一人で行動することが流行っているそうです。理由は「友だちに気を使わなくてよいから」とのこと。「みんな一緒」ではなくなってきているのですね。

そして世界中で人との「距離」を取らざるを得なくなり、「リアル」と「バーチャル」の狭間で揺れ動きました。公私ともに生活が一変しましたね。

東京チャートでは、春分点の太陽は9ハウス。ステイホームや巣ごもりで何かを学び始めた人も多いのでは?また、人間の「意識」を新しい視点から理解するハウツー本をよく見かけました。内なる「意識改革」が進んでいたのかもしれません。

昨年はかなりシビアなチャートでしたね。さて、今年のチャートはどんな感じでしょうか?

2021年3月の春分図

まず、東京チャートで太陽は6ハウス(医療・労働)にあり、魚座の金星と合。6ハウスには海王星もあります。

魚座の金星、海王星とも、古典占星術では品位が高く、昨年のチャートとは打って変わって、情緒的な癒しが感じられます。医療や社会福祉、あるいは仕事の現場などで改革が進み、柔軟な受け入れ態勢が少しずつ広まっていくのでは。

海王星・魚座のベース(他者への情緒的共感、多様性を受け入れること)は、2021年の根底に流れている大きなテーマの一つと言えそう。

「国民を表す月」は双子座で9ハウスにありノード軸と合、5ハウス木星とトライン。海外の人々とのコミュニケーションが活発になり、幅広いジャンルにおける情報収集が盛んになりそう。

アカデミックな、あるいは精神的な学びや癒しがブームになり、たくさんのグループが生まれるかも。しっかりとした考えの主張が必要になりそう。

また、テクノロジーを活用した誰もが楽しめるエンタメやイベントの成功。(オリンピック??)

さらに、火星と水星のスクエアで、手段を限定しない多彩なコミュニケーションの方法が次々と開発され、人々の楽しみや喜びにつながりそう。イメージする力が大事。

そして、天王星と土星(水瓶座)のスクエアは、2021年を象徴する「配置」と言えそう。

デジタルによる社会改革が進み、人々の多様性が受け入れられる社会への試行錯誤が続くのでは。東京チャートで天王星は8ハウスにあり、テクノロジーによる「援助」が社会の中でますます実現しそう

具体的にはこんな感じ?

2021年は、自分の在り方に違和感を感じ、本来の個性的な自分であろうとする人がますます増えていくのではないでしょうか。

できない自分を責めなくてよいし、自分にとって快適な環境を作ってよいのだと思います。

私は○○ができないので手を貸してください」と当たり前に言える社会。助ける側と助けられる側は、実はお互いを必要としているので、遠慮しなくてよいのですね。

あるいは、AIなどテクノロジーや発明をうまく利用する。身近な例で言えば、お掃除ロボットなどもこれから大活躍するのではと思います。(自分を怠け者と責めなくてよい(笑))

オリヒメというロボットの話を聞いたことがありますか?

オリヒメは、作者がこどもの頃に病気で引きこもったときの経験から、分身ロボットとして発明されたそうです。自分の代わりに旅行に行ったり仕事をしたり、家族の結婚式に参列したりするのです。

不思議なことに、オリヒメの場合は、まるで本人が「一緒にそこにいた」という記憶として共有されるのだそうです。そのように工夫されているのですね。

まとめ

2021年は、「できない」と諦めていたことが、発明によって「できる」ようになる。「不自由な現実」に対する「人間の知恵」の挑戦です。そして誰もがその恩恵を享受できるのです。

あらゆる生き物がありのままの命を全うできるように、最先端の科学を活用していくのですね。

そのためには、自由闊達で偏見のないコミュニケーションで、アイデアを切磋琢磨し合うことが大切です。インプットと同時にアウトプットも大いにしていきましょう。月の双子座10度(数え)は「プレゼン能力」です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました