「3ハウス」のちから〜街角ピアノ〜

『駅ピアノ・空港ピアノ・街角ピアノ』という番組を時々観ています。それぞれの場所にピアノが置いてあって、通りがかりの誰でも自由に弾いていいのです。

老若男女、様々な職業、様々な人種の人々が、好きな曲や思い出の曲などを弾いてそのエピソードを語ってくれます。(海外バージョンもあります。)

時には見知らぬ者どうし連弾が始まったりして、このピアノがきっかけで結婚したカップルもいるそうです。ロマンチックですね~。

駅や街角でふと知り合った人たちが、何の条件もなく、一時の間、同じ音楽をただ楽しむというのがとても心温まり、ゆったりとした気持ちになります。

(You Tube にも、”ストリート・ピアノ”として動画がたくさんあがっていますね。ハラミちゃんが大人気です。)

この番組を観ていると

ビリージョエルの『ピアノ・マン』を思い出します。私はこの曲がとても好きなのですが、これは『街角ピアノ』の雰囲気に似ているな~と思います。ピアノマンはどこかの街のバーでピアノを弾きながら歌います。

Sing us a song you’re the piano man
だから歌ってくれないか、ピアノマン

Sing us a song tonight
今夜は俺たちのために

Well, we’re all in the mood for a melody
みんな音楽に浸りたい気分なんだ

And you’ve got us feeling’ alright
そうすれば元気になれるからさ

ビリージョエル『ピアノマン』より

そこに集った人たちは、それぞれの思い、哀しみや希望をピアノマンの歌に重ねています。皆他人なんだけれど、音楽を通じて繋がっているように感じられますね。

街角や駅、空港はホロスコープの「3ハウス」が表します。

『街角ピアノ』や『ピアノマン』は「3ハウスの海王星、あるいは金星」といったところでしょうか。

音楽は好奇心やインスピレーションを自由に表現する中で生まれたのだと思います。音楽を聴くと気持ちが解放されますよね。

そして、音楽には、そこに集った人々の国籍、人種、宗教、性別などを越えて皆の気持ちをつなぐ力があります。

道を行き交う人々はひと時足をとめて、その音楽を共有し日常を忘れ、そしてまた、それぞれの生活に戻っていきます。

おそらく【音楽】と【3ハウス】は深く関わっていて、原初の音楽は【3ハウス活動】が不可欠だったのでは?と思います。

3ハウスのナチュラルサインは双子座、ルーラーは水星。

『街角ピアノ』という言葉から3人のシンガーソングライターを連想します。

1人目は、上に書いたビリージョエル

2人目は、『風に吹かれて』のボブディラン
2020年12月に全曲の著作権を売却していますね。

そして、3人目は、数日前に初めて知った藤井風(かぜ)さん。
藤井風さんの『卒業』という歌は、今の気持ちにとてもフィットして印象に残っています。今の時期におすすめの曲です。

面白いことに3人とも、水星が双子座です。3ハウス系が強いんですね。

3ハウスは、つまり「伝える力・技術」「説得力」なのですね。「わかりやすさ」や「工夫」にも関係します。

また、3ハウスは兄弟のハウスで切磋琢磨して競い合うことを示します。よきライバルとして刺激しあい、一人でできることの限界を超えてお互いが磨かれていくのですね。

「上下」ではなくて「横並び」の感じがいいです。

3ハウスは「自己表現のツール」でもあります。

ツールとしては言葉(手話、点字なども含む)、音楽、写真、絵画、造形、テクノロジー、そして、それぞれの分野の専門的な知識や技術などが考えられます。

たとえ話すことが得意でなくとも、何かひとつ「ツール」を持っていれば自分を表現することができるのですね。

例えば、長い年月をかけて磨き上げた、伝統の塗り椀を作る「腕」があれば、どんな場面でもどれほど格上(と感じる)相手でも自信をもって対応できるのです。その「腕」を通して。

なので、3ハウスはとても重要なハウスだなと思います。

「3ハウスを磨く」ことは、自己表現の道への切符を手にすること、そして広い世界(9ハウス)へ可能性を広げていくための「最初のステップ」なのだと思います。

でも、それは最初のステップであり、同時に一生歩み続けるものなのでしょう。

先日、学校の先生をしている友人が、

「最近は大人も子どもも心を病んでいる人が多い」「コロナ禍で街に活気がなくて気分転換ができないしね」と言っていて、実は『居酒屋文化』って重要だったのではという話になりました。

そこでふと思ったのが、『居酒屋』も「3ハウスの海王星」と言えるのでは?ということです。

会社からの帰り道にふと立ち寄って、今日あったことを話して、笑って泣いて、お酒(海王星)で全て流す、みたいな(笑)。

私はお酒は飲めないですが、今となってはあの居酒屋の風景は懐かしい感じがします。このまま「昔の風景」となっていくのでしょうかね。

それで、何が言いたかったかというと(笑)、

『街角ピアノ』のように、それぞれの人生が交差する街角や駅、空港で、自由に自分を表現し、たまたま出会った人たちが音楽を通してひと時を共有する、例えばそんなライトな感覚がもっと広まるとよいなと思います。。

街にふらっと出かけると元気になれる、すれ違う人と自然にあいさつができる、そんな道端ヒーリング?な街になるとよいですね。

3ハウスにはそんな可能性があるのだと思います。

・・・・・

【後記】

自己表現のツールとして、

私の場合は、3ハウスルーラーの天王星は9ハウスにあり、3ハウスカスプの少し前に水瓶座の土星、3ハウス内に魚座のキロンがあります。回り道はしましたが(今も)、どんな状況でも、占星術の技術や経験をコツコツと磨き続けることが、自分の自己表現の「ツール」になるのだと思っています。これを読んでくださった方も、ご自分のホロスコープでチェックしてみてくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました