2024年の星模様(1月~12月)

2024年はどのような年になるのか、西洋占星術の観点から予測してみました。世の中の動きについて、少しでも参考になれば幸いです!長文です~(^^;)

2024年もどうぞよろしくお願いいたします^^

TumisuによるPixabayからの画像

2024年の天体の動き

火星以遠の天体、ノード、キロンの動きについてチャート上にまとめてみました。

2024年の天体配置(チャート)

活動サイン(牡羊座、蟹座、天秤座、山羊座)は不動サイン(牡牛座、獅子座、蠍座、水瓶座)は柔軟サイン(双子座、乙女座、射手座、魚座)はで色分けしてあります。

・黄色のぼかし部分は、今年、日食・月食が起こる範囲です。
・また、チャートの外側には火星の月初めの位置を記しました。

2024年の注目ポイント

2024年の天体配置の中で、重要と思われるポイントをあげてみました。

① 冥王星が完全に水瓶座に入る

冥王星は1月21日に水瓶座に入ったあと、9月2日~11月20日にもう一度山羊座に戻り、その後、完全に水瓶座に入ります。

9月~11月は、冥王星が最後の総仕上げのような感じで、少しだけ山羊座に戻ります。次に冥王星が山羊座に入るのは約230年後です。

冥王星のキーワードは、集合的な影(見て見ぬふりをしてきたもの)、タブーと抑圧、生と死、腐敗と再生、抑圧からの解放・浄化、膿出し、暴露など。

冥王星の山羊座運行中は、山羊座が示す「社会階層」「権力の行使」について、見て見ぬふりをしてきたものを暴露し、膿出しを行い、再生への道が開かれてきたと考えられます。

それは、タブーに切り込み解放するプロセスであったと言えるでしょう。

そして、冥王星が水瓶座に入ると、「自由・平等の精神」、「全ての存在の権利が尊重される社会実現」のために、影に押しやられたものが浄化・解放されるのでしょう。

冥王星はものごとの最も深い部分に関わるため、それがサインを変えるということは、私たちのコントロールを超えたところで変化を余儀なくされる、

つまり、「価値観」の根底からの変更を突きつけられます。

変わることへの抵抗、価値観の衝突を乗り越えることは困難を要しますが、大きく変わるべきターニングポイントに来ているのでしょう。(水瓶座の現代のルーラーは「天王星」ですしね~)

人間だけでなく、自然、AIなど、どんな「存在」であれ、対等な関係を築くことが求められます。

冥王星に偽物は通用しません。

私たちは、自分ととことん向き合い、偏見や思い込みを自己チェックして、新しい視点・意識を獲得(アップデート)する必要があるのでしょう。

テクノロジーの驚異的進歩とともに、人類もまた進化する必要がありそうです。

② サインの0度と29度~海王星と冥王星~

各サインの29度(数え30度)は、「サインを総まとめして吐き出す度数」であり、0度(数え1度)は「サインそのものの特質を強烈に打ち出す度数」と言われています。(by松村先生)

2024年は、冥王星が山羊座と水瓶座を行き来し、海王星は魚座29度55分まで進むので、

  • 冥王星のサイン移動による「山羊座の総決算」および「ザ・水瓶座的打ち出し」
  • 海王星による「魚座の総決算」

のいずれかが、ほぼ一年を通して観察できるでしょう。

とくに、水瓶座の0度は、2020年12月に木星と土星のグレート・コンジャンクションがあって活性化しています。

また、魚座29度は、12サインの最後のサイン&度数であり、牡羊ポイントでもあるので、こちらも大規模な動きがありそうです。

全体としては、例えば、

  • 問題を抱えた構築物や大組織が次々と崩壊する
  • あらゆる「境界線」が曖昧になり、混沌の海になる
  • 新しい価値観やアイデアによる未来が、世界規模で見えてくる
  • 自由、平等、独立、個性、それらの権利と必要性が強く打ち出される
  • イノベーション/リノベーションが各地で発芽する

という感じでしょうか。

逆行を繰り返しながらゆっくりと進んできた冥王星も、本格的に水瓶座に入ります。時代の流れはゆっくりと、でも徹底的に、後戻りすることなく変化していくでしょう。

世の中を抜本的に変革させる冥王星ですが、具体的に何をもたらすかは「想像を超える」としか言えないのでしょう。。

③ 木星と天王星の合

木星と天王星は、4月21日に牡牛座21度で合を形成

木星と天王星の組合せは、改革、進歩、拡大、探査、発明、自由、楽観性などを示しています。

「法律、宗教、モラル、科学」などの分野、あるいは「大地や自然」に関する大発見や、突然の大規模な変化・分離かもしれません。

宇宙ロケット発射関連のチャートでよく見かけ、印象としては、ポジティブでワクワクする一方で、突然状況が変わるイメージもあります。

科学の発達が可能にした、未知の世界への挑戦のカウントダウン!という感じ?

あるいは、大地、自然、肉体、お金に関する改革や驚きの「価値の転換かもしれません。

木星と天王星のサイクル

木星と天王星は、約14年のサイクルで合を形成します。

過去の合の時期を3つピックアップして、できごとをチェックしてみました。

①まず、前回は、2010年6月8日(牡羊座0度)、9月19日(魚座28度)、2011年1月4日(魚座27度)の3回にわたり合を形成。

  • 2010年6月13日…小惑星探査機「はやぶさ」が奇跡的に地球に帰還
  • 2010年4月~5月…アイスランドのエイヤフィヤトラヨークトルでの火山噴火により、火山灰が広域に広がり影響は10月頃まで続く
  • 2010年クリスマス~2011年1月…匿名で寄付を行う「タイガーマスク運動」が全国に広がる

先日(2023年12月18日)は、アイスランドのレイキャネス半島の火山が噴火し、大地に亀裂が入り、溶岩が流出しました。

12月現在、木星と天王星は共に牡牛座を運行中で、「大地の突然の異変」を示しているのでしょうか。常に言われていることですが、日本も注意が必要かもしれません。

そして、「タイガーマスク運動」は、魚座での合っぽいですね。

②また、前回の牡牛座での合をチェックしてみると、1941年5月、牡牛座25度で起こっています。

  • 1941年2月23日、シーボーグ博士が、ウランから「プルトニウム239」を取り出すことに成功
    (博士の意に反し、のちに原子爆弾に使用されることなります)

ちなみに、ウランは天王星(ウラヌス)から、プルトニウムは冥王星(プルート)から名付けられたそうです。

「木星-天王星」のコンビが示す大発見をどのように活用するかは、人間のモラル(木星)次第ということでしょうか。

③さらに、1968年12月~1969年7月には、木星と天王星は3回合を形成しています(天秤座0度~3度)。そこに牡羊座のキロンとノースノードがオポジション。

1969年1月には東大安田講堂事件がありました。大学側との対立から発展した大規模な学生運動は、機動隊の導入により解除されました。天秤座での合で「交渉ごとの爆発」と言えるかも。

★ちなみに、木星と天王星の合が起こるサインを調べてみると、約600~700年の周期で、火・風サインから土・水サインに移行しているようです。

現在は、火・風サインから土・水サインへの移行期と考えられるので、思考・理論・哲学的な発見よりも、物質的・具体的な発見が中心になるのかもしれません?

④ 木星と土星のスクエア

木星と土星は、2020年12月22日に水瓶座0度で合を形成し、2024~2025年にかけて、3回スクエアを形成します

  • 8月20日(双子座-魚座17度)
  • 12月25日(双子座-魚座14度)
  • 2025年6月15日(蟹座-牡羊座1度)

現在、木星と土星はオポジションに向かうワクシング・フェーズであり、イメージとしては満月に向かう上弦の月のときと言えるでしょう。

木星は理想や目標、土星は具体化を示し、信念に従って実績を積み重ねていく成長段階です。

あるいは、善意に基づいたルールや法律を作るのかもしれません。

木星と土星のコンビは、楽観と悲観、拡大と縮小、自信と劣等感など相反するものを調整する必要があります。

交感神経と副交感神経(自律神経)のバランスが日々の生活を大きく左右するように、木星&土星は、世の中の穏・不穏を左右する重要な側面を示していると考えます。

このスクエアの期間は、現在取り組んでいることや、自分の在り方について、どこか偏りや無理が生じていないか、チェックして修正する必要が生じるでしょう。

➄ 土と水サインのソフトアスペクト

2024年も引き続き、遠い天体が土と水サインにあり(サインによる)ソフトアスペクトを形成:

  • 木星 in 牡牛座(~5月26日)
  • 土星 in 魚座
  • 天王星 in 牡牛座
  • 海王星 in 魚座
  • 冥王星 in 山羊座(~1月21日、9月2日~11月20日)

土と水の小三角で、夢を実現するための土台・器が構築されるでしょう。

特に、冥王星が山羊座に戻る9月~11月は、天王星・海王星・冥王星が、各サインの終わりで小三角のアスペクトを形成して、生産性が高まります。

さらに、海王星=天王星/冥王星のミッドポイントが、2023年から引き続き形成されます。

海王星が示す「夢、共感、弱者の救済、創造性、混沌、幻想、嘘、薬、海」などの意味が、極度に強調されるでしょう。

あるいは、天王星と冥王星が示す「現状打破」「全く新しい展望」が、混沌の海の中から得られるのかもしれません。

いずれにしても、小三角の頂点である「魚座の海王星」が際立つのではと考えます。(下記「海王星」の項参照)

⑥ キロンとノース・ノードの合

キロンとノース・ノードは、2月下旬~3月上旬にかけて牡羊座16度~17度で合になります。(真位置と平均値で少しズレあり。)

キロンは、土星と天王星の橋渡しと言われていて、形骸化したルールや枠組み(土星)を壊す/壊される(天王星)傷を癒す役割があるのでしょう。

また、キロンは冥王星の小型版で、強烈な経験を経て癒しへと向かう助けになるとも言われています。

つまり、保身のために土星の枠に依存したり、その枠組み(物質的・精神的な)自体が時代遅れになったりと、土星は時々壊される必要があり、キロンはそのサポートのために存在しているのかもしれません。

そして、キロンと縁の結び目であるノース・ノードとの合は、多くの人々が痛みと癒しの過程を共有し、共感し、立ち直っていくことが考えられます。

ただし、性急に行動しがちなので、争いに発展する可能性が高いかもしれません。

東大安田講堂事件とキロン・ノースノード

上記の「③木星と天王星の合」でも触れましたが、前回、キロンとノース・ノードが合になったのは、1969年3月(牡羊座1度)でした。

つまり、東大安田講堂事件のとき、「木星と天王星の合」は「キロンとノースノードの合」とオポジションでした。

ノードとキロンが関わり、そのできごとは強烈に世の中に現れたのでしょう。

牡羊座でのキロンとノースノードの合は、直感に従ってものごとを開始し、多くの人々が痛みを共有し、共に行動することを示していたと考えられます。

木星以遠の天体の動き

以下、木星から順番に天体の動きを見ていきます。(火星については後述します。)

木星

木星は、公転周期が約12年で、その年の雰囲気やトレンドを表し、よくも悪くもものごとを拡張させます。チャンスや前進、寛容さも表します。

木星は、5月26日に牡牛座から双子座へ移ります。(2025年6月9日まで双子座を運行)

牡牛座は、「維持」であり、スタートしたことを継続し、軌道に乗せて収入を増やすことに関心が向かうでしょう。

双子座は、「コミュニケーション」であり、好奇心によりあらゆる情報を集め、発信し、競い合い、多種多様な交流を楽しむでしょう。

注目ポイントは、木星が双子座に入る直前(5月23日頃)牡牛座29度で金星と合、魚座29度の海王星とセクスタイルを形成することです。

牡牛座は豊かさの象徴であり、拡大を示す木星と、お金や人間関係を示す金星が、最後の度数である29度で合を形成することは、まさに「牡牛座の総決算」の象徴が見られるでしょう。

さらに、魚座29度の海王星がソフトアスペクトで助長して、夢のような喜び・豊かさを体験する/目の当たりにするのかもしれません。

あるいは、精神的な意味も含めて、本当の豊かさについて考えさせられるのかも。

いずれにしても、牡牛座には天王星も運行中で、物心ともに何らかの「思いがけない変化」が見られそう。

そして、木星が双子座に入ると、世の中の雰囲気はがらりと変わり、忙しく活気を帯びるでしょう。

双子座は3ハウスに関連し、あらゆる交通、コミュニケーション、販売やそれらのツールなどを示します。「ストリート」系の活動がふたたび注目を集めそう。

土星

土星は、公転周期が約29年で、権威、制限、障害、コントロール、そしてものごとの実現や成熟を表します。また、欠点や不足をチェックする定期点検の天体でもあります。

2024年、土星は、魚座3度~19度の間を運行します。

(その後、2025年5月~9月に一旦牡羊座に入り、2026年2月まで魚座を運行します。)

魚座は12サインの中で最後のサインです。

定期点検の土星が運行中ということは、約29年間の総まとめ&次への準備の期間と言えるかもしれません。

例えるならば、部分的な補修で済ませるのではなく、新たな目標のもと、解体して作り直しバージョンアップする、という感じでしょうか。

土星の魚座運行中は、苦難の中で、慈悲、夢、犠牲心、感受性、芸術性などがより一層必要とされ、人々は、それらを実現すること実現してくれる誰かを強く求めるでしょう。

そして、「理想の世界」や「夢」を実現した人に、大きな感動をもって自分の夢を重ね、人生の糧とします。

魚座の土星は、損得勘定ではなく、純粋な動機による自己鍛錬献身的な奉仕の精神にスポットを当てるでしょう。

★ただし、詐欺、薬、お酒、妄想、詐欺、依存症など、魚座に関連する問題点が浮き彫りになる、あるいは、それらに関するルール(土星)が新たに設けられるかもしれません。

ちなみに、前回土星が魚座にあった1994年には、ネルソンマンデラが南アフリカ初の全人種参加選挙で、黒人初の大統領となり、理想の実現のためには死をも恐れませんでした。

また、その前の土星魚座期である1964年には、キング牧師がノーベル平和賞を受賞しました。(1963年に行われた、”I have a dream”として知られるスピーチは世の中に大きな影響を与えました。)

天王星

天王星は、公転周期が約84年で、自由、平等、独立、解放、突然の変化、発明などを表します。

天王星は、昨年に引き続き牡牛座にあります。(牡牛座19度~27度の間を運行)

(その後、2025年7月~11月に一旦双子座へ、2026年4月まで牡牛座を運行します。)

お金、からだ、家、生活の安全など、生活に密着した「もの」についての劇的な変化と、それに伴う人々の価値観の変化を示しています。

天王星は「離れる・自立する」、牡牛座は「維持する」ことを示し、その意味は相反しています。

なので、この組み合わせは、自分の一部と感じている「もの」から引き離される痛みがあるのかもしれません。

ですが、そこで初めて、自分にとって本当に価値のあるものが見えてきて、「もの」から自立できるのでしょう。

また、所有することの平等性も大きなテーマであり、それはテクノロジーの進歩によって実現されていくのかもしれません。

★牡牛座は大地や自然、気象なども表し、それらに関する突然の異変も気になるところです。(2024年は三碧木星の年、象意は「」で、地震に注意と言われています。)

1月21日~9月2日および11月20日以降、天王星のお家サインである水瓶座に冥王星が入り、改革のエネルギーが大きくなるかもしれません。

海王星

海王星は、公転周期が約165年で、夢、ビジョン、幻想、創造性、慈悲、救済、困惑、喪失などを表します。

海王星は、昨年に続いて、お家サインである魚座にあります。(魚座25度~29度の間を運行)

(その後、2025年3月~10月に一旦牡羊座に入り、2026年1月まで魚座を運行します。)

海王星は、約3年間、土星と一緒に魚座と牡羊座を行き来し、2025年7月頃にニアミス2026年2月に牡羊座0度でコンジャンクションを形成します。

(ちなみに、天王星は、2025年7月に(一旦)双子座に移動し、その後牡牛座に戻って、2026年4月に完全に双子座に入ります。土星・海王星の動きと同調しているように見えるのが興味深いです。)

魚座の海王星は、「スピリチュアリズム」「夢」「幻想」「信仰」「音楽やダンスなどのアート」や、「自他の境界線を越えた他者への共感」などを示しています。

そこに、土星の「制限」や「具現化」が加わり、夢の実現創造的な活動弱者への犠牲的で献身的な救済・サポートなどが、多くのシーンで見られるでしょう。

あるいは、それらの活動が特に必要とされるのかもしれません。

私たちは、マンガや物語のような現実をますます目撃し、体験するのだと思います。

2024年は、土星が海王星にオーブ10度まで接近し、その傾向は強くなっていくでしょう。

「形を作る土星」と「形を溶かす海王星」が、全てを飲み込む混沌の魚座から、新しい始まりである牡羊座へと一緒に運行していく今後2年間は、要注目!と言えるでしょう。

個人的には、海王星は「右脳」、土星は「左脳」的だと考えています。現代は、左脳が優勢になっていると思いますが、魚座土星・海王星の期間は、右脳を活性化して「幸福度」を高め、左脳の支配から解放されることが大切かも?

冥王星

冥王星は、公転周期が約248年で、変容、力、死と再生、価値の根本的改革などを表します。一番遠くにあり公転周期も長いため、その分影響も深く強くなります。

冥王星は、1月21日に水瓶座へ、9月2日に山羊座に戻ったあと、11月20日に完全に水瓶座入りして、約20年間滞在します。

2024年も引き続き山羊座と水瓶座を行き来し、社会制度や組織の「破壊と再生」がさらにすすむでしょう。

山羊座と水瓶座はともに「社会」を表すサインですが、山羊座は「権威の構築」、水瓶座は「権威(山羊座)に対する市民の反抗」を示しています。

権威の力が強ければ強いほど、水瓶座は自由・解放を求めて抵抗します。

つまり、水瓶座が力を発揮するためには、「権威の暴走」が必要なのかもしれません。

(ちなみに、前回の水瓶座冥王星の時代には、アメリカの独立戦争やフランス革命がありました。)

水瓶座は、普く広がる「風」サインであり、今後20年間で水瓶座が象徴する「人権」「自由」「平等」、そして「人間の在り方」「人間とはなにか」について、全く違う考え方(思想)が主流になっていくのでしょう。

キーワードは「ヒューマニティ」でしょうか。

また、水瓶座は「宇宙」「科学」など未来的なもの、冥王星は「外宇宙からの影響」を表し、現在の私たちの想像を超える何かを世の中にもたらすと考えられます。

まさに、世界の様子が塗り替えられるのでしょう。

★冥王星は蠍座のルーラー、天王星は水瓶座のルーラーなので、天王星と冥王星はともに、自分のお家とスクエア(緊張)のサインを運行中です。不動宮のスクエアが示す様々な制限や困難を克服しつつ、あるとき大どんでん返しがあるのかもしれません。

ここ500年ほどをチェックすると、冥王星の運行期間は、牡牛座が最も長く、蠍座が最も短いようです(意外ですが。。)獅子座-水瓶座のラインで区切ると、獅子座~水瓶座期間は約85年、水瓶座~獅子座は約163年です。後者は約2倍ですね~。現在、冥王星は水瓶座に入るところなので、ゆっくりじっくり進むフェーズへの切替え点ということでしょうか。

ノード、キロン

ノードとキロンについてもチェックしてみました。上記⑥も参照。

ノード

ノードは人やものごとの縁の結び目であり、ノードがあるサインは多くの人々が巻き込まれるできごとを示していると考えられます。

2024年、ノース・ノードは牡羊座、サウス・ノードは天秤座にあります。

イニシアティブ、争い、パートナーシップ、平和などについて、新しい方向性が生まれるかもしれません。

戦いに勝つこと、リーダーシップを発揮することを追求しますが、協調性とのバランスが重要でしょう。

★ノースノードは2025年1月に牡羊座0度を通過します。

キロン

キロンは、土星と天王星の間を楕円の軌道を描いて、約50年で元の位置に戻ります。

(2024年、キロンは牡羊座15度~23度の間を運行します。)

キロンは、

  • 土星(構築・保持)と天王星(変化、旧構造の破壊)という、ある意味真反対の働きをする天体の橋渡し
  • 障害や身体的弱点、心理的な傷、死を意識すること、大きな災害

などに関わると言われています。

牡羊座のキロンは、死との向き合い方、障害や心の傷、あるいは脳(頭部)の治療に関わる新しい方法が世の中に出てくるとも考えられます。

キロンは、私たちが見たくないものを見、自身の傷を理解することで、今の殻からの脱皮・解放へのサポートをしてくれるのでしょう。

個人のチャートにおけるキロンの配置は、土星の枠を超えるための、その人にとっての傷と癒しの両面を示していると思われます。

★キロンは占星術に関わるとも言われています。牡羊座運行中は、「新しい」占星術の新芽が沢山見られるのでしょう。楽しみですね。

・・・

2024年は、本格的な「スクラップ・アンド・ビルド」の時代の幕開けとなるでしょう。

水瓶座は風のサインであり、新しい「思想」「視点」が瞬く間に世界に広まり、人々の考え方や価値観が大きく変化していくことを示しています。あらゆる「差別」「偏見」「影においやられたもの」が掘り起こされ、一人ひとりの、自由に生きる権利が叫ばれるでしょう。

異なる歴史をもった人々が、みんな同じ価値観を持つことは難しいですが、少なくとも自分や身内と同様に、他郷の人々、異世界の存在?をも尊重することが大切なのでしょう。

そして、「夢」は実現できることを、多くの人が信じ、体験するのかもしれません。

私たちは、想像を超える変化を柔軟に受け入れて、人間の持つ可能性(感性、知性、体力、創造性)を開発し、何よりも、あらゆる存在たち(AIも含む)とのネットワークの中で、お互いを生かし合う必要があるのでしょう。

日食・月食からの考察

日食・月食は、「偏り」や「不均衡」の場所を浮き彫りにし、しばしばそのサインが示す物事の方向性の大きな変化を示すと言われています。

2023は【牡羊座-天秤座】での日食・月食と【魚座】での日食が起こります。

  • 3月25日、半影月食(天秤座5度)
  • 4月9日、皆既日食(牡羊座19度)←キロンが合
  • 9月18日、部分月食(魚座25度)←IC、海王星に合
  • 10月3日、金環日食(天秤座10度)←リリス、水星が合

・牡羊座-天秤座での日食・月食は、「争いと平和」「イニシアティブと対人関係」などにかかわる新たな始まりと解放/開放を示しています。

新たなリーダーシップによる新たな関係性。「エゴを満たす」ことと「他者と助け合う」ことのバランス、そして「結婚」などがテーマになるかも。

・また、魚座での月食は、「慈悲、弱者のサポート」「溶解、混沌」「海、薬、酒」などに関連する解放/開放を示しています。

月食はICで起こり海王星が合で、大地や自然、生活の拠点に関わる出来事が示唆されています。

【食】度数へのトランジット

日食・月食の度数を、トランジット天体が合/オポジションで通過すると、何らかの影響をもたらします。

とくに火星と土星の通過が最もイベントが起こりやすいと言われています。

2024年1月の時点で活性中の食度数は(おおよそ)以下の通り。(Celeste Teal氏の説に基づく)

牡羊・天秤座 2129
牡牛・蠍座 2、5、10、14、16、25、27度
双子・射手座 5、8、(12、19、23)度
蟹・山羊座 0、(20)、24度
獅子・水瓶座 0度

太字の度数は、活性化の度合いが大きい(最近の食)ことを示しています。

2024年は、ここに以下の度数が加わります。

牡羊・天秤座 5、10、19
魚座 25

緊張状態は、不動宮から活動宮にうつりつつあります。

食に関連して注目する時期

まず、ほぼ一年を通して、冥王星の通過により水瓶座0度前後が活性化しています。

その他主要な天体が、最近の食度数を通過する時期をチェックしてみました。

  • tr火星による食度数通過:5月~6月
  • tr木星による食度数通過:1月上旬、3月中旬
  • tr天王星による食度数通過:6月中旬~11月

・特に、5月7日、5月25日前後は、火星が直近(3月・4月)の食度数を通過、木星の影響も加わり「対立が起こりものごとが開始」あるいは「拡大」するかもしれません。

7月15日頃、火星と天王星が食度数(オーブ1度)で合。

6月以降は、天王星と冥王星がそれぞれ食度数からオーブ約1度以内にあり、緊張が高まる可能性。天王星は9月初めに食度数で逆行し、数ヶ月に渡り食度数前後を刺激します。

ちなみに、天王星と冥王星が同時に食度数上にあるのは、8月中旬~下旬9月初め11月下旬

・以下は、食の3ヶ月後、太陽がその度数に最初にスクエアを形成する時期です。まだ新しい食度数に、太陽がエネルギーを与えます。

1月12日、1月25日、6月26日、7月11日、12月16日、12月31日前後

以上、細かく見てみましたが、どのような流れになるか観察してみたいと思います!

Piyapong SaydaungによるPixabayからの画像

火星のトランジットで一年間の流れを見る

火星は、活力、行動力、決断力、怒りなどを表し、そのトランジットはものごとの引き金となることが多いです。

また、火星が運行中のサインは、何を求めて戦うのか、またどのように怒りを表現するかなど、着火ポイントや分野、エネルギーの表現方法を示しています。

火星の動きを追って今年の流れを見てみましょう。

再びチャートを掲載します。

火星のトランジット

火星のサイン移動にしたがって、主なポイントをまとめてみました。(赤い下線の時期は緊張が高まることが予想されるため要注意。

火星が射手座(~1月4日)…火の柔軟サイン

信仰への情熱、信念のために、あるいは他の信念に対抗して戦う、主張、冒険、規律の欠如

・1月1日頃、金星スクエア土星(射手-魚座3度)
親しき仲の礼儀、ストレスを感じたらスポーツ観戦も良さそう

火星が山羊座(1月4日~2月13日)…地の活動サイン

計画実行や権威のために、あるいは権威や慣習への反抗のために、戦略的に戦う

・1月20日頃、金星スクエア海王星(射手-海王星25度)
海外の情報からひらめきを得る

・1月20日頃、太陽コンジャンクト冥王星(山羊座29度)
自己の目的の探求

★1月21日、冥王星が水瓶座に入る

・1月27日、水星コンジャンクト火星(山羊座17度)
鋭く率直なコミュニケーション、口論に注意

・2月5日、水星コンジャンクト冥王星(水瓶座0度)
徹底的な調査、探求、隠された情報

火星が水瓶座(2月13日~3月23日)…風の固定サイン

他と異なる存在であるために、自由のために、仲間のために戦う。周りから浮くことへの恐れ

2月14日頃、火星コンジャンクト冥王星(水瓶座0度
勇気、力の行使、体力の限界への挑戦、暴力

・2月17日頃、金星コンジャンクト冥王星(水瓶座0度
人道活動、魅力の活用、お金と力

・2月22日頃、金星コンジャンクト火星(水瓶座6度)
博愛精神、慈善活動への情熱

2月27日頃、火星スクエア木星(水瓶-牡牛座10度)
行動力、活力、成功の幸運、自信過剰によるリスク、事故などに注意

・2月29日頃、太陽・水星コンジャンクト土星(魚座9度)
忍耐、自制心、自信の喪失

・3月3日頃、金星スクエア天王星(水瓶-牡牛座19度)
人間関係における突然の変化、魅力の表現

3月10日頃、火星スクエア天王星(水瓶-牡牛座19度)
自由を求めての戦い、突発的な暴力

・3月22日頃、金星コンジャンクト土星(魚座12度)
美的表現、人間関係のメンテナンス

火星が魚座(3月23日~5月1日)…水の柔軟サイン

弱者のために、夢や美的表現の実現のために戦う。逃げたり雲隠れすることも戦術のうち

・4月3日頃、金星コンジャンクト海王星(魚座28度)
金星がよい位置にあり、美的な表現や奉仕精神が豊かに

4月11日頃、火星コンジャンクト土星(魚座14度)
行動への制限、立ち止まってもう一度照準を定めてみては

4月21日頃、木星コンジャンクト天王星(牡牛座21度)
突然の変化、進歩、発展、幸運、爆発

・4月22日頃、太陽スクエア冥王星(牡牛-水瓶座2度)
抑制が入り方向転換を余儀なくされる、食度数で強調

4月29日頃、火星コンジャンクト海王星(魚座28度)
強さの幻想、暴力による犠牲、解放、理想の実行

火星が牡羊座(5月1日~6月9日)…火の活動サイン

即断、即決、一刻も早く行動を開始するために戦う。勇気、熱意、独立心に富むが継続が不得手

・5月1日頃、金星スクエア冥王星(牡牛-水瓶座2度)
手放すことで得られるもの、保持することで失うものとは、食度数で強調

・5月13日頃、太陽コンジャンクト天王星(牡牛座23度)
目的の変化、独立、離反へ舵を切る

5月18日頃、金星コンジャンクト天王星(牡牛座23度)
突然の出会いや別れ、サプライズ的な楽しみ

・5月19日頃、太陽コンジャンクト木星(牡牛座28度)
幸運、寛容さ。報酬は、自分が与えてきたものに応じて与えられるかも

5月23日頃、金星コンジャンクト木星(牡牛座29度)
豊かさの大放出、身軽になって移動を楽しむために

・6月5日頃、太陽コンジャンクト金星(双子座14度)
「好き」との出会い

・6月8日頃、金星スクエア土星(双子-魚座19度)
対人関係に責任が生じ、ストレスを感じるかも

火星が牡牛座(6月9日~7月21日)…地の固定サイン

火星が牡牛座0度を通過するときは、「最もその人らしい資質が表現される」(by松村先生)とのことで、要注目です。

自己の物質的な安全・保全を死守するために断固として戦う、頑固さゆえの怒り

6月11日頃、火星スクエア冥王星(牡牛-水瓶座1度)
力の行使、不満の爆発、事故やケガ

・6月17日頃、水星・金星スクエア海王星(双子-魚29度)
美的で魅力的な表現、言葉の力に魅了される

・7月12日頃、金星オポジション冥王星(獅子-水瓶座1度)
華やかな外交関係、人道活動がスポットライトを浴びる

7月15日頃、火星コンジャンクト天王星(牡牛座26度)
自由を求めての戦い、突発的な暴力、食度数に近く強調

火星が双子座(7月21日~9月5日)…風の柔軟サイン

膨大な情報、機知、活発なコミュニケーションによる機敏な行動

・8月2日頃、金星スクエア天王星(獅子-牡牛座26度)
魅力がスポットライトを浴びる、ドラマチックな人間関係

8月15日頃、火星コンジャンクト木星(双子座16度)
行動力、活力、コミュニケーションの成功、自信過剰によるリスク、交通事故などに注意

8月16日頃、火星スクエア土星(双子-魚座17度)
ストレス、怒りの爆発、コミュニケーションの混乱

8月19日頃、金星・木星・土星のTスクエア(乙女-双子-魚座17度)
木星スクエア土星①
繊細かつ抜け目ないコミュニケーション、人間関係の管理と拡大

・8月23日頃、金星スクエア火星(乙女-双子座22度)
正確さとバラエティを楽しむ

・8月29日頃、金星オポジション海王星(乙女-魚座29度)
手作業を極める、美的感性の大放出

★9月2日、冥王星が山羊座に戻る

9月3日頃、火星スクエア海王星(双子-魚座28度)
強さの幻想、暴力による犠牲、解放、理想の実行

火星が蟹座(9月5日~11月4日)…水の活動サイン

(12月7日から逆行し、2025年1月6日~4月18日にふたたび蟹座を運行します。)

家族、伝統、遺産を守る(取り戻す)ために戦う、保護や過干渉への抵抗

・9月23日、金星スクエア冥王星(天秤-山羊座29度)
戦略的な外交関係、人間関係の調停

・10月15日頃、金星オポジション天王星(蠍-牡牛座26度)
執着からの解放、突然の情熱的出会い

・10月28日頃、金星スクエア土星(射手-魚座12度)
自由の制限、誤解に注意、年長者との関係が重要に

11月3日頃、火星オポジション冥王星(蟹-山羊座29度)
権力者から身内を守るための戦い、暴力、事故

火星が獅子座(11月4日~2025年1月6日)…火の固定サイン

(12月7日から逆行し、2025年4月18日~6月17日にふたたび獅子座を運行します。)

名誉やプライド、あるいは国のために戦う、勇敢さ、怒りへの固執

・11月4日頃、金星オポジション木星(射手-双子座20度)
極端な主張、誇大広告、コミュニケーションを楽しむ

・11月9日頃、金星スクエア海王星(射手-魚座27度)
インスピレーションで得たものを広く伝える

11月20日、冥王星が完全に水瓶座に入る

・12月7日頃、金星コンジャンクト冥王星(水瓶座0度)
人道活動に力とお金をそそぐ、食度数で強調

・12月12日頃、金星オポジション火星(水瓶-獅子座5度)
人道活動への情熱と信念

12月25日頃、木星スクエア土星②(双子ー魚座14度)
知性と感性のバランス、組織や人生の枠組みのチェック

・12月28日頃、金星スクエア天王星(水瓶-牡牛座23度)
人間関係における突然の変化、個性の表現、独立

水星の逆行

参考までに水星の逆行もチェックしてみました。

水星の逆行は、およそ一年に三回起こります。今年の逆行期間は以下の通り。

  • ~1月2日(→射手座22度)
  • 4月2日~25日(牡羊座27度→15度)
  • 8月5日~29日(乙女座4度→獅子座21度)
  • 11月26日~12月16日(射手座22度→6度)

水星逆行の期間は、通信や交通障害や手続きミスなどが起きやすい傾向があります。ダブルチェックをこころがけ、万が一の事態に備えておくと安心でしょう。

逆に言うと、見直し、練り直し、やり直しには適した時期です。過去の文書やメールを再チェックしたり、気になっていたことを書き出してみたりしてはいかがでしょうか。

★水星が逆行や順行に転じる「留」の期間は要注目。例えば、水星が順行に転じると同時に「何か重要なことが発表される」というケースはよく見かけます。

・・・

以上、ざっと気になるところを書きだしてみました。一年間、実際のできごとと突き合わせて検証していきたいと思います。また、思いついたことがあったら加筆もしていきます、多分(笑)。よろしければ、またのぞいてみてください。

参考記事:
土星とノードの合(2025年4月)~日食・月食と土星の通過~

後記:
現在、私のプログレスの月はICを通過したところです。以前から、それは私の実家に関することを示しているのかな~と思っていたのですが、、、10月に突然、一人暮らしをしていたこどもが自宅に戻ることを決意して、この年末に引越しすることに。決意して連絡してきたその日、私のプログレス月は、ICから1度以内にありました!プログレスの月、おそるべし。。(*_*)
最後までお読みいただきありがとうございました!
2024年も皆さまにとりまして良い年でありますように。。

コメント

タイトルとURLをコピーしました