文明のサイクルとグレート・コンジャンクション

最近、『ガイアの法則(新版)』(千賀一生 著)という本を読んだのですが、大変興味深いことが書かれていました。

そこで、西洋占星術にも関連すると思われる部分を中心に、占星術的考察も交えてまとめてみました。「フィクション」として、よろしければお読みください!

注:文中の図や表は、著書や資料を元にして新たに作成しています。正確な内容については引用元をご確認ください。

16分の1ビートの法則

最初に、「本書(『ガイアの法則』)はファンタジーでありすべてフィクションです」と書かれていることを記しておきます。

・・・

古代から地球上ではいくつかの文明が栄えてきたが、そこにはある法則があるという。

どのような法則かというと・・・

  • 空間的には、経度を16分割した地点において、
  • 時間的には、地球の歳差運動のサイクルである「25,776年」*を16分割した期間ごとに、

世界の中心となる文明の地が移動するというもの。(*wikiには25,772年とある。)

まず、地球の経度を16分割すると、

360度÷16=22.5度

そして、歳差運動のサイクルを16分割すると、

25,776年÷16=1,611年

つまり、文明の中心地は、約1600年ごとに経度22.5度ずつ移動してきたのだという。

これは、「16分の1ビートの法則」であり、「聖なるリズム」と著者は呼んでいる。

(占星術でいうと、セミスクエアのさらに半分であり、ハーモニック16にあたる。)

東回りと西回りの文明の移転

次の図は、主な文明とその年代、場所などを著書の内容に従ってまとめてみました。

16分の1ビートの法則に基づいて、代表的な文明に1600年のサイクルを当てはめてみると・・・

  • シュメール・・・6400~5600年前
  • インダス・・・4800~4000年前
  • ガンジス・・・3200~2400年前
  • 唐・・・1600~800年前
  • ???・・・現在~800年後

となり、1600年のサイクルはだいたい当てはまるらしい。

(現在、文明はすでに新しいサイクルに入っている。それがどの地であるかは後ほど。)

さらに、これら文明の中心地の経度は・・・

  • シュメール・・・東経45度
  • インダス・・・東経67.5度
  • ガンジス・・・東経90度
  • 唐(長安、洛陽)・・・東経112.5度

となり、ほぼ22.5度ずつ東に移動した位置にある。(これは地図上で確認できてわかりやすい)

そして、上記は「東回りスピン」のポイントだが、実は、「西回りスピン」もあるという。

前インダス文明(インダス文明よりもさらに古い文明)を基点にして、西側の代表的な文明に1600年のサイクルを当てはめてみると・・・

  • 前インダス・・・5600~4800年前
  • メソポタミア・・・4000~3200年前
  • ギリシャ・・・2400~1600年前
  • ロンドン・・・800年前~現在

となり、やはり1600年のサイクルはだいたい当てはまるらしい。

さらに、これら文明の中心地の経度は・・・

  • インダス・・・東経67.5度
  • メソポタミア(シュメールと同じ地域)・・・東経45度
  • ギリシャ・・・東経22.5度
  • ロンドン・・・東経0度

となり、こちらもほぼ22.5度ずつ(西へ)移動している。

つまり、約1600年ごとに、東へ22.5度ずつ移動する文明のサイクルと、西へ22.5度ずつ移動する文明のサイクルがある、ということ。

そして、東回りと西回りの相反するスピンにおいて、1600年間のうちの前半800年は東回りの地、後半800年は西回りの地というように交互に栄えるのだという。

それはまるで、DNAの二重らせんのようだ。

ロンドン

この法則によると、ロンドンは約800年前から現在まで文明の中心であった。

今年は、イギリスの象徴ともいうべきエリザベス女王二世が、気の遠くなるような長きに渡る大役を果たされて、虹とともに旅立たれた。

『ガイアの法則』には、

「文明にも寿命があり、その誕生の地は、その文明の終わりの日まで、その文明の全てを象徴する」
「寿命が終わると、その文明の権威や固有のカラーが消失する」

と書かれている。

イギリスで『マグナ・カルタ』が制定されたのは、まさに今から800年前。

この条文には、法の支配、議会尊重、宗教の自由などについて記されていて、今日の民主主義の原点と言える。

小さな島で話されていた英語が、今や世界の共通語となっていることもあらためて納得。

エリザベス女王の葬儀では、イギリスの文化、歴史、精神、威厳、誇りなど、全てが象徴されていたように思う。

「16分の1のリズム」で結ばれる焦点ポイントには、必ず最大級の都市文化が誕生し、人類文化の進展に最大の影響を及ぼし、最大の国際都市となる

と書かれている。

現在は?

現在は、ロンドンを中心とした西回り文明の終焉とともに、東回りの新たな文明がすでに胎動を始めているという。

そして、その地は東経135度

これは日本標準時間の基準である明石を通るライン。(つまり、壮大なスケールにおける次の文明の中心地は近畿あるいは日本である可能性?!)

新たに焦点が結ばれる変化の時は「死と再生の節目」であり、地球の中枢が奏でるリズム(脈動)は、地球上の全生命を連動させる、と著書には書かれている。

この節目として、著者は、1995年の阪神淡路大震災に注目している。

そして、その転換期間は、1611年÷16≒100、約100年間。

惑星の次元(意識の次元)では1995年前後の100年間、その結果である現象界(現実社会)においては1995年から100年間が転換期間であるという。

しかし、

意識次元の転換期間の真っただ中である今こそ、最も肝心な真の節目なのだという。

著書には、ラインの影響は日本全国に及ぶが、最も強いフィールドは、東経135度~136.4度の範囲内であると書かれている。また、それに先立ち、ラインの手前(西側)の国々にも影響があるという。

4分の1のリズム

現在は東西のスピンが最大に開いた、季節に例えると夏至の期間であり、最大スケールの文明の転換点なのだそう。

なぜなら、「16分の1リズム」の上には、「4分の1リズム」があり、その期間はさらに大きな転換点となるのだ。(現在は、占星術でいうとオポジションのような感じ?)

そして、「4分の1リズム」は、新月・上弦・満月・下弦の月や、冬至・夏至・春分・秋分に相当し、それまでの6444年間(歳差サイクル25,776年の4分の1)の文明とは全く異なる世界になるという。

そして、その新文明はすでに胎動を始めているという?!

新月や満月のときと同様、これらの区切りの時期には、古いものや滞ったものを潔く捨てて、新しい躍動を手に入れることが重要。

木が葉っぱを落とすのは、新芽の胎動を感じているからであり、過去の文明、システム、権力、考え方などに固執するほどハードな喪失をこうむるのだ。

宇宙のリズムに合致した努力は、必ずあふれる使命感、躍動感、爽快感を伴うという。

文明サイクルとグレート・コンジャンクション

さて、約1600年(800年+800年)のサイクルは、占星術でいうグレート・コンジャンクション(木星と土星の合*)による大きな時代の流れとほぼ一致している。

(*木星と土星の合は約20年ごとにおこり、時代の傾向・節目を示す。そして、約200年ごとに合が起こるサインのエレメント(火土風水)が変わり、約800年で最初のエレメントに戻る。)

その裏付けとなるような、「文明法則史学」という興味深い研究をネット上で見つけた。

二つの文明サイクル

「文明法則史学研究所」のHPより、その説明を抜粋して引用する。

文明史には1600年の盛衰周期が存在する。800年の準備期と800年の文明期である。

1600年を周期として準備→開花→成熟→崩壊の過程を繰り返し、CC(文明サイクル)に対する位相と文明現象との間には関連性が認められる。すなわち、文明はあたかも1600年周期の四季をもつように振る舞う。

CCは東西二系統に大別される二極構造をもち、両系統は互いに逆位相の関係にある。

http://bunmeihousoku.com/bunmei

この文明法則史学の研究は、日本の文明研究家 村山 節 氏(むらやま・みさお;1911年~2002年)の発見(1937年頃)に始まるとのこと。

一つのサイクル(1600年)の中での盛衰パターンについて、「文明法則史学研究所」の資料内容を一部お借りし、木星と土星の合とともにまとめてみた。

「文明法則史学」の研究においても、1600年のサイクルのなかで、東回りが準備期のときに西回りは文明期というように、相反して交互にあらわれるとしている。

その他にも文明サイクルについて、大変詳しい研究資料が閲覧・ダウンロードできるようなので、ご興味があればHPを確認してみると勉強になると思う。

占星術的に考えると・・・

さて、800年のサイクルに、グレート・コンジャンクションによる、約200年ごとの「風・水・火・地」の時代をあてはめるととても興味深い。(上の図参照)

(『ガイアの法則』に書かれている文明の年代と、グレート・コンジャンクションのエレメントが変わる年代を比べてみたら、ほぼ一致していた。)

2020年12月の水瓶座0度でのグレ・コンは「風の時代の到来」とブームになったが、とくに2020年以降は、コロナや侵略により世界的な変動が起きている。

東西の文明サイクルから見ると、現在~400年後は、東回りスピンは「夏」の時代の到来でありルネッサンスのときであるのに対して、西回りスピンは「冬」の時代の到来であり、民族大移動、武力政権、文明崩壊の激変期のときにあたる。

一つの文明サイクルが「風」=民族大移動に始まり、「地」=文明爛熟で終わるのも興味深い。

ちなみに、『ガイアの法則』には、文明期の800年の中で、300年~500年頃が「力の中心期」だと書かれていて、これは、グレ・コンの「水」から「火」への時代に相当する。

ロンドンと日本~分離相対性と融合性~

『ガイアの法則』によると、大西洋の中央には「分離相対性」のエネルギーライン、その裏側である日本列島の東側には「融合性」のエネルギーラインがあるという。

ロンドンは、陸地の中で最も「分離相対性」の作用が働くフィールドで男性性が優位となり、対する日本列島の東側にある「融合性」ラインのフィールドでは女性性が優位となり、大地が重なり合うようにめり込み続けている。

現在は、男性性の極から反転したところだという。

そして、これらのエネルギーは言語に表れる、と書かれている。

人類の全ての文化の核は言語であり、言語はそれを話す人々の観念に最も強い影響をもたらす。

イギリス発祥の英語が、男性性優位のエネルギーをもたらしたのに対して、日本語はその対極である女性性優位のエネルギーをもたらすという。

(たしかに、日本語には尊敬語、謙譲語、あいまいな言い回しなど、言葉自体に相手への配慮が含まれる場合が多いかも。あと、和歌や俳句など余韻や言外のイメージを楽しめるとか、、)

また、その両極の中心に位置するシュメールの地は、これらのバランスを均等に保つフィールドであり、重要なことは、そのバランスと調和こそが今後の人類の進展にとって不可欠であること。

地球は宇宙の陰陽原理のもとで雌雄を合一した一つの命である。

スピンと聖なるシンボル

文明のサイクルについては、何とも壮大なスケールで、自分の中の時間軸がグーンと伸びた感があるが、その他、印象に残った点について簡単に書いておこうと思う。

すべてはスピンから始まる

宇宙のあらゆるリズムは「スピン」によって引き起こされている

例えば、地球の自転(24時間)や、公転(365日)、歳差運動(25,776年)など、すべては循環であり秩序である。

そして、それらが睡眠のリズム、身体のリズム、四季のリズム、文明のリズムなどを作り出している。

いわゆる16ビート(4・4・4・4)も宇宙のリズムそのものであり、自然に快感を覚えるリズムなのだそう。(応援の三三七拍子も16ビートですね~)

これからは、この宇宙的リズム感が大切だとのこと。

そして、スピンについて次のように書かれている。

何もない空間に物質が存在しているのではなく、空間という広がり自体がエネルギーであり、空間スピンはその部分的脈動である。

その脈動は自立した空間領域を生み出し、それにより物質と固有意識が成立するのだ。

そして、スピンは何層もの包括領域を形成して万物を生成し、秩序化へと向かわせる。

空間は生きている

さらに、自立した空間領域とともに生み出されるのが自立した時間領域だという。

この自立時間の作用があらゆる宇宙リズムを生み出すのだ

すべての現象は、時間と空間というたった二つの広がりの部分的変形にすぎず、物質の根源であり、生命の根源でもあるのは、空間それ自体である。

ものすごく興味深いですね~。でも、このように考えると世界はシンプルで分かりやすい。。

スピンとは「悦」だと言う。

16放射線状のシンボル

最後に、【聖なるリズム】のシンボルについて。

人間の本質の象徴であり、宇宙の本質の象徴を表しているのが、16放射線状の【聖なるリズム】のシンボル。(写真の腕輪、菊花紋のような)

このシンボルは、シュメールやエジプト文明、日本の皇室、エルサレム、ユダヤ、バビロニアなどの遺跡にも見られる。

このシンボルは文明の叡智を示すものとして受け継がれてきたという。著書には、シュメールよりも古い文明が日本で栄え、そのエッセンスがシュメールに伝わり、その後日本に逆輸入された可能性についても書かれている?!

スピンの原点でもある、そのシンボルの中心からすべての創造リズムが始まり、

そのシンボルは、知識が一点に統合された叡智をも表している。

そこでは、魂の包括領域の拡大こそが重要なのだという。意識を肉体の中だけにとどめておいてはいけない、ということ。

著書の最後の方に、

「人間は、真の本質に繋がらない限り、才能も自信も生まれはしない。…」と書かれていたのが、とても心に響いた。

・・・・・以上

この記事では、主に文明のサイクルについて取り上げましたが、著書にはその他にも興味深いことがたくさん書かれています。

個人的には、木星と土星のグレート・コンジャンクションについて、また違った面から理解が深まったことは大きな収穫でしたし、「文明法則史学」という研究について知ることができたのも良かったと思います。

また、物質や生命の存在が空間スピンによって生まれるという話に驚き、でもとても腑に落ちてワクワクしました(笑)。

本書はファンタジーでありフィクションである、と書かれていますが、その内容は示唆に富み、重要なインスピレーションを与えてくれたと感じています。

最後までお読みいただきありがとうございます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました