湾岸戦争と南北戦争〜天体のサイン移動②と土星・海王星の合〜

現在、いったん水瓶座に入った土星が、逆行して山羊座に戻っています(天体のサイン移動)。そして、コロナ前、ウィズコロナ、コロナ禍、ポストコロナ、ニューノーマル、など社会変革を表す新しい言葉が生まれています。

前回のブログで、サインの29度について書きましたが、今回はその続きです。ちょっとマニアックな内容が続きますが(^^;)

前回(29年前)土星が山羊座から水瓶座に入ったときのできごとを振り返ってみると。。

湾岸戦争

1990年8月2日のイラクによるクウェート侵攻をきっかけに、国際連合が多国籍軍の派遣を決定し、1991年1月17日にイラクを空爆して始まった戦争。同年2月28日に多国籍軍の勝利で終結。(ウィキペディアより)

このときの天体の動きは・・・

1990年7月14日、土星と木星がオポジション(山羊・蟹22度)

(土星・天王星・海王星が山羊座を運行)

1990年8月2日、イラクによるクウェート侵攻(冥王星と火星がオポジション)

1991年1月17日、多国籍軍によるイラク空爆(土星は山羊座27度、Nノードは山羊座28度)

2月7日、土星が水瓶座に入る

ここで興味深いのは、1月16日(空爆の前日)の日食図です。

なんと、山羊座に7天体が集中しています。日食には土星がコンジャンクションしていて、困難なできごとを示唆しています。そして、バグダッドの日食図では、ディセンダントに牡牛座29度の火星がのり、強烈な所有欲を公に示しています。

湾岸戦争は、土星が山羊座から水瓶座へ移動するのと同時に起きていて、(前回のブログにも書きましたが)、土星など遠い天体のサイン移動と社会的イベントには、関連があることが予想できます。この戦争は、何世紀もこの地で続く争い(このときはクウェートの油井をめぐり)にアメリカが介入して、その結果、アメリカがその力を世界に見せつけました。

同年12月25日には、ソビエト連邦が崩壊しました。このとき、土星は、9月の初めから11月の初めまで、水瓶座0度で逆行/順行しています。世の中を支配していた、時代に合わなくなったものが作り変えられていったのですね。

ちなみに、

・イラク王国は1921年8月にイギリスによって作られた人工の国。(9月に乙女座26度で木星合土星
・1932年10月3日、イラク王国はイギリスから独立。(土星が11月に水瓶座へ
・1958年7月14日、イラク王国滅亡(イラク共和国へ)、7月14日革命。(冥王星が乙女座の0度

・1961年6月19日、クウェートがイギリスから独立。(木星と土星が山羊座と水瓶座で逆行/順行中)

さらにその29年前、土星が山羊座から水瓶座に移動したときのできごとは?

1961年1月20日、ジョン・F・ケネディがアメリカ合衆国大統領に就任

1961年2月、山羊座25度で土星と木星が合

1961年3月、木星が水瓶座に入る

1961年4月、ソ連宇宙船ボストーク1号がガガーリン飛行士を乗せ、地球一周に成功

1961年5月、土星が山羊座29度で逆行開始

1961年5月、アメリカ初の有人宇宙船マーキュリー・レッドストーン3号が打ち上げられる

1961年5月、ケネディが「1960年代中に人間を月に到達させる(アポロ計画)」を発表

1961年8月、東ドイツが東西ベルリンの境界を封鎖(のちにベルリンの壁を建設)

1961年11月、天王星がいったん獅子座から乙女座に入る(その後逆行)

1962年1月、土星が水瓶座に入る

1962年2月、アメリカ初の有人宇宙飛行

1962年2月、西ヨーロッパ12か国共同で欧州宇宙機関創設

1962年8月、天王星が完全に乙女座に入る

木星と土星が同時期に山羊座から水瓶座へ動いているのは、現在の配置と似ていますね。当時の日本はと言うと、1964年10月の東京オリンピック開催に向けて、総力をあげて急ピッチで開発が進んでいました。新幹線の開通、テレビの普及、空中を走る高速道路、など驚くべき変貌をとげていました。

ケネディの「アポロ計画」

当時、人類が月に立つ、というのは想像を超える夢のようなお話だったと思います。ケネディの『アポロ計画』の演説より抜粋します。

『まず私は、今後10年以内に人間を月に着陸させ、安全に地球に帰還させるという目標の達成に我が国民が取り組むべきと確信しています。この期間のこの宇宙プロジェクト以上に、より強い印象を人類に残すものは存在せず、長きにわたる宇宙探査史においてより重要となるものも存在しないことでしょう。そして、このプロジェクト以上に完遂に困難を伴い費用を要するものもないでしょう。略』(ウィキペディアより)

ちなみに、この公約は、1969年7月20日、ニール・アームストロングとバズ・オルドリンがアポロ11号で月面に着陸したことで、実現されます。(このとき、トランジットの木星と天王星が天秤座0度で合!!

こうしてみると、このときの(土星の山羊座から水瓶座へのサイン移動の)テーマの一つは「宇宙への挑戦」だったと言えるでしょう。アポロ計画は、電子工学や遠隔通信、コンピュータ関連の技術の発展に拍車をかけ、人類の文明の飛躍的一歩となりました

実現不可能、想像を超えること、と皆が思っていたことを現実にしたのです。山羊座から水瓶座へ、常識の枠を超える、という感じですね。「電子工学」「遠隔通信」「コンピューター」「宇宙」、どれも水瓶座的です!

今年はアポロ計画から59年、当時と同様に、木星と土星が山羊座から水瓶座に移動しています。ものごとは螺旋状に進んでいくとすると、今回はどんな水瓶座的な驚きのできごとが考えられるでしょうか。まだまだ改革の波はやってきそうですね。

さて、最後に海王星についてです。

現在、海王星は魚座にありますが、前回、海王星が魚座から牡羊座に入った時期のできごとを調べてみました。

そのときのできごとは・・・

南北戦争

1861年から1865年にかけて、北部のアメリカ合衆国と南部のアメリカ連合国の間で行われた内戦。奴隷制存続と自由貿易を主張するミシシッピ州やフロリダ州など南部11州が合衆国を脱退してアメリカ連合国を結成し、その他の北部の23州との間で戦争となった。この戦争では史上初めて近代的な機械技術が主戦力として投入された。結果、北部の勝利、奴隷制の廃止。

1861年4月12日ー1865年5月9日(布告による)
1865年6月22日に最後の砲弾が発射された。   (ウィキペディアより)

戦死者は両軍合わせて50万以上。南部(奴隷制存続、自由貿易、農業中心)北部(奴隷制反対、保護貿易、商工業中心)による、アメリカ史上最大の犠牲を払った戦いを経て、多人種からなる大国としての統一が成され、その後、産業革命がさらに進展していきました。

その頃の海王星の動きは・・・

1860年7月、海王星が魚座29度で逆行開始

1860年11月、大統領選挙、奴隷制が争点の一つとなる

1861年2月、奴隷制を支持する州によりアメリカ連合国が結成される

3月、奴隷制の拡大に反対していたリンカーンが当選

1861年4月、海王星が牡羊座に入る

4月、南軍が砲撃して戦争が始まる

1861年10月、海王星が魚座に戻る

1862年2月、海王星がふたたび牡羊座に入る

1862年9月、リンカーン大統領による奴隷解放宣言

その後の経過

1863年1月、奴隷解放本宣言

7月、ゲティスバーグの戦いで北軍が大勝

1864年3月、グラントが北軍総司令官に就任、南部残存地域を次々と陥落

1865年3月、アメリカ連合国の首都リッチモンド陥落

4月、南軍のリー将軍が降伏

【南北戦争が終わるころの天体配置】

土星が天秤座から蠍座へ、

天王星が双子座から蟹座へ

そして木星がホームサインである射手座から山羊座へ

それぞれサイン移動しつつ、天王星と木星のオポジションも形成されています。

火と風 → 水と土 のサインへの移り変わりで、落ち着きつつある感じです。木星の射手座29度での吐き出しとしては、意見・主義を出し切る、ということでしょうか。2019年にも木星は射手座にありましたが、香港デモ活動がヒートアップしていたのは記憶に新しいところです。

さて、現在、海王星はホームサインである魚座にありますが、

今後、興味深い配置になるので書いておこうと思います。(ついでに冥王星のサイン移動についても)

2023年3月、冥王星がいったん水瓶座に入る①(逆行へ)

2024年1月、冥王星がふたたび水瓶座に入る②(逆行へ)

2024年7月、海王星が魚座29度で逆行開始

2024年11月、冥王星が完全に水瓶座に入る③

2025年3月、海王星が牡羊座に入る

2025年5月、土星が牡羊座に入る

2026年2月、土星と海王星が魚座と牡羊座で順行・逆行して牡羊座0度で合

上に書いたように、

前回、海王星が魚座から牡羊座に入るタイミングで、南北戦争が勃発しました。混沌と大きな犠牲を伴い、アメリカ合衆国という大国が生まれました

2025年~2026年には、牡羊座0度で海王星と土星とのコンジャンクションが起こります。

2023年~2024年には、冥王星が山羊座と水瓶座を行ったり来たりするので、まずは、そこで本格的な水瓶座的社会になっているでしょう。そして、その後の2年間で全てが塗り替えられる感じですね。

「土星」と「海王星」は、「形」と「形のないもの」で、最も難しい組み合わせとも言われています。全てを解体して融合させる魚座の海の中で、枠組みを作りたい土星が溶かされると考えると、想像を超える混沌の中から、まったく新しい形が生まれてくることが予想されます。

この時期は、見かけに惑わされず、ものごとの本当の意味や姿を見極める、柔軟な考えや視点が必要となりそうですね。出生図に、活動宮0度(オーブ2度くらい)の天体や軸がある場合も、人生の枠組み(仕事、家庭、人間関係、自己像など)が「強制的にリセットされて茫然とする」、あるいは、「試される」かもしれません。でも、それは新たな形を生み出すために必要だった、ということなのでしょう。産みの苦しみと言えるかもしれません。。

【後記】南北戦争で北部が勝利して統一がなされ、奴隷制度は廃止されたものの、今も根深く残る人種差別や偏見の火種はこのときに生まれたとも言われています。2025~2026年にかけて、そのときの火種が再燃して、ふたたび混沌から新たな形が生まれるのかもしれませんね。。。

・・・・・

以上、細かい記述でしたが、ここまで読んでくださってありがとうございます!!