小さな歯車を回してみる

最近、おもしろいなと思ったことがあります。

少し前、自分がやりたいこと・やるべきことが積み重なって巨大化し、どこから手を付けてよいかわからず、全てが停滞した日々を送っていました。精神的(金銭的にも)ストレスは大きくなるばかり。

そんな中、何とか大学を卒業した長男の、その後の身の振り方で一波乱ありました。やっとの思いで彼の引っ越しを終えて見通しも立ち、大きな肩の荷を下ろしたその翌日、10倍大きな驚きの出来事がありました!・・・家族の大きな変化です。

その頃、私は、仕事を探して一本の電話をかけました。それまでは何かと理由をつけて行動に移せなかったのですが、あっという間に仕事が決まりました。

その他にも、何年も停滞していた案件が突然解決したり動き始めたりして、気が付くと、数か月の間に多くの変化がありました。(家族だけではなくて、友人知人まで動くのです。)

これら一連の出来事の中で、小さな歯車が、実は大きな歯車と連動しているような不思議な感じがしました。

そこで、そうだ、実験してみよう!と思いたち、庭師さんに庭の年間管理を依頼。この歯車が、家の中の片付けという停滞した巨大な(?)歯車を回してくれることを狙っています。

さらに、こどもたちが、各自で自分たちのものを片付ける、という状態が理想ですね~。。。片付けは心理的な部分も関係するので、簡単そうで手強いのです。

何か停滞していることがあってそこに向き合えないと感じたら、方向を変えて、気分を変えて、一見関係なさそうな、少し気になっていた簡単なことをやってみると良いかもしれません。小さな歯車をきっかけとして、人生の大きな歯車を動かす感じでしょうか。

投稿者: 都築 裕子

岐阜県大垣市生まれ、千葉市在住。一男二女&二猫の母。 家事育児と仕事と占星術(自分の時間)をどのように成り立たせるか、試行錯誤の日々。心も身体も健やかに年齢を重ねたいと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です