牡牛座の満月 2019年11月12日

2019年11月12日午後10時34分

牡牛座20度(数え)での満月です。

牡牛座は現実的な豊かさのサインであり

お金や肉体などの形あるものだけでなく、

生まれ持った才能や五感、

それらを生かした芸術や音楽、美容、

ファッション、料理などの創作活動や

また、それらを享受する能力も表します。

つまり、牡牛座は各個人に備わっている

無尽蔵の資質を表すのですが、

牡牛座の20度前後では

特に精神的な面がクローズアップされます。

牡牛座20度のサビアンシンボルは

「雲を作り運び去る風」

雲は、そこにある波動(エネルギー)を

一瞬にして形にして、

必要な人にだけメッセージとして見せてくれます。

牡牛座20度では

自分の内側から上がってくる無意識からのメッセージを

その瞬間の何かの中に見出してキャッチするのです。

地球をはさんで真反対にある太陽の近くにある水星は

11月21日まで逆行中で、

計画をじっくりと練り直したり

保留にしてあった作業に

思い切って取り組んだりするのも良いですが、

蠍座の太陽と水星ですから、

人間関係にスポットを当ててみると

自分の感情の深い部分に触れることができるでしょう。

どうも苦手な人、

憎しみや怒りがわいてくる人、

許せないと感じる人

あるいは、愛さずにはいられない人・・・

感情を揺さぶられるような対人関係において

自分の意志ではコントロールできない気持ちに

じっくりとフォーカスしてみましょう。

そのときに、ふと浮かんできたこと

開いた本のページにあった言葉、

誰かの会話、触れたものの感触、

ふと感じられた香り、などから

あなたにしかわからない、

今必要なメッセージを読み取ってみましょう。

この満月では、

自分の内側からの声であるインスピレーションに従うことと

今後数年間の現実面での進展がリンクしています。

今、何をすべきか。

どんな点を押さえておくべきか。

何を形にしておくか。

現実面の計画性だけでなく、

クリエイティブな面での

イメージのひらめきを大切にしておくと

ブルドーザーのように力強く進んでいけるでしょう。

天からの授かりものを受け入れて

わが道を力強く進んでいく、

この満月では、

そのような使命に目覚めて

自分の社会の中での居場所を確認しましょう。

自分が自分らしく社会に存在することで

自ずと道が開かれるのです。

【追記メモ】

・10月末、大嘗宮完成

11月1日、水星逆行開始

・11月9日、新天皇即位をお祝いする「国民祭典」

・11月10日、祝賀パレード

・11月14・15日、大嘗祭

・11月21日~12月8日、大嘗宮の一般公開
(11月21日に水星が順行に転じ、12月8日には逆行を開始した蠍座27度へ)

・11月22日、韓国のムンジェイン大統領によりGSOMIAは条件付きで延長される。

・11月23日~、フランシスコ教皇来日、核兵器廃絶を強く訴える。

・11月25日、香港の区議挙で民主派が歴史的勝利。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする