山羊座の満月(部分月食 )2019年7月17日

2019年7月17日午前6時38分

山羊座25度(数え)での満月(部分月食)です。

7月3日の蟹座の新月(皆既日食)では

太陽と地球の間に月が入って一直線に並びました。

『水』(蟹座)が強大な濁流となって

『土』(山羊座)の基盤を緩ませ押し流すという

その影響は目に見えるところで起こりました。

この満月(部分月食)では、

太陽と月の間に地球が入ってほぼ一直線に並びます。

満月は、新月で蒔かれた種の「実り」や「成就」のとき

本当に豊かな社会とは何かを考えながら

深く変容していく過程の中で

いくつかの手ごたえや新たな目標が見えてきそうです

満月(山羊座25度)のサビアンシンボルは

東洋の布を扱う商人

・・・異質なものを取り入れることで共同体が新しく生まれ変わります

例えば一言で「日本人」といってもそのルーツは様々であり

時間をかけて文化を積み上げてきたことを考えると、

現代においても、「よそ」から入ってくるものを上手に取り入れて

新たな価値観やルールを作っていくことに対して

アンビシャス(勇敢)であることが大切です。

「25度」の度数はそのサインの性質の全てである「結晶」を示すので、

25度で起こるこの満月は、

恐れずに外部のものを取り入れて進化した人々の共同体(かに座)と

そのあり方が組織化された社会の完成(山羊座)を表します。

つまり、様々な変遷を経て

人々の私的・公的生活の基盤が完成したと言えます。

・・・

東京チャートで、満月は6ハウスで起こり、

12ハウスとともに強調されています。

働く環境、働くことの意味、自分が社会の中でなすべきこと

などについて、新しい形を獲得します。

社会の隅々で「異なる」ものを取り入れながら

隠れた場所、マイノリティー、見えない世界、見えなかった領域

それらの中に新たな萌芽を見つけて命を吹き込みます。

今までとは違うやり方で自己を鍛錬して

新たな自分になろうとしているかもしれません。

新たな自己像、新たな希望です

東京チャートのアセンダントは獅子座18度(数え)

サビアンシンボルは「化学の先生」。

一般常識にとらわれないで、

自分本来の生き方を試行錯誤しながら

探していく様子を表しています。

最新のテクノロジーは日進月歩で実用化されつつあり

人々の個性化や独立を後押しします。

それはどんな状況であっても

言葉や何らかのツールにより自己表現をすること

肉体に拘束されることなく自由に活動し

湧き出でる創造力によって生活を改善していくこと

ますます可能にしてくれるでしょう。

「働く」「社会に貢献する」ことに関しての独創性と多様性です。

「理想を実現する」ための

「意見の主張」は9月頃までは続きそうですが、

人々を巻き込んで過熱気味に議論されていた様々な課題は

次の新月(8月1日)の頃までは

「共同体」を守るためにじっくりと考え直され

再建に向けての話し合いがなされるでしょう。

・・・

この満月では

慣れないもの、異質なもの、外部のものなど

自分の境界線の向こう側からくるものに対して

恐れて拒否するのではなく

シルクロードを行き来して

文化を世界に広めることに貢献した商人たちのように

あるいは日本の曙である文明開化の時代の人々のように

自分とは違うものを受け入れて

視野を拡げて新たな能力としたり

積極的に体制を作り変えていくことで

自分自身や環境の古い殻を脱ぎ捨てていきましょう

自分とは違うものは「抵抗感」がサインです。

もしそれを感じたら

ずっと馴染んできたものを

思い切って変えてみましょう。

いつしかそれが当たり前となり

新しい伝統となっていくのでしょう。

【追記メモ】

・7月18日10時35分頃、「京都アニメーション」がガソリンにより放火される。死者34名。世界中のファンなどによる寄付金が1億4千万集まる。(日本の精神文化がアニメを通して世界に広がっていたことを知った。)

・7月20日、長崎で記録的大雨。

・7月19日頃、公正取引委員会がジャニーズ事務所に対して、芸能人の出演拒否するようテレビ局に圧をかけたとして注意。

・吉本興業 vs 芸人。芸人さんたちがそれぞれの立場から持論反論。色々な課題が浮上する。

・7月21日、「れいわ新選組」から障害者の候補者お二人が当選、国会内のバリアフリー化が急務となる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする