牡羊座の新月2019年4月5日 追記:「令和」と「はやぶさ2」

2019年4月5日午後5時50分

牡羊座16度(数え)で新月を迎えます。

3月21日の春分&満月を経て

長年取り組んできたことを終わらせたり、

意を決して何かをスタートさせた

あるいはスタートさせようとしている方が

多いのではないでしょうか。

それぞれに大きな変化のときを迎えていることでしょう。

牡羊座は始まりの衝動を示す「火」のサインです。

何もないところに新しい「アクション」を起こします。

特に日本では

新入生、新入社員、新しい肩書、など

いつもとは違うことを始めるエネルギーが

必要となることが多いでしょう。

「活動力」を示す牡羊座ですが、

新月の度数である牡羊座16度になると

反対側の天秤座の要素が入ってきます。

初動の勢いが少し弱まり、ふと周りの「反応」を見ます。

フィードバックを受け取って

少し冷静になって状況を確認するのです。

新月のサビアンシンボルは・・・

日の入りに踊っている妖精ブラウニー

妖精ブラウニーとは、家事などをこっそり手伝って

くれるというイギリス伝承の気のいい茶色の小妖精

少しあまのじゃく。

ハリーポッターに出てくるドビーみたいな感じでしょうか。

日が沈んで一日の仕事が終わり、良い気分で踊っている

様子は、小休止で気持ちに余裕があることを表して

いるようです。

この新月も、ちょうど日没の頃起こり、

東京チャートで、新月は西の地平線(ディセンダント)に

のっています。

アセンダントは天秤座14度でサビアンシンボルは

正午の昼寝」。無意識の力を活用します。

天秤座・7ハウスが重複して強調されています。

つまり、

無我夢中で進めてきたことについて、

一旦立ち止まり、

「公衆」を意識してみましょう。

あるいは、人前に出てみましょう

そこらからの反応を、妖精ブラウニーのように

リラックスして受け取ることで、

今の状況を改善する良いアイディアが浮かぶのです。

そして

公衆や人前に出ていくためには、

基盤がしっかりしていることが必須です。

家庭や仕事場など、自分の拠点が盤石であるように

今のうちに、不要なものを整理したり

気になっているトラブルを解決したりして

環境を整えておきましょう。

今まさに人生を大きく左右するような

重要な”縁”が動くときです

その基盤の上に、責任を伴った長続きする

対人関係が築かれていきます

コミュニケーションや情報の発信も活発になるでしょう。

好奇心が高じて言葉の攻撃にならないように

注意が必要かもしれません。

社会の様子としては、

制度の見直しや新たな制度への対応に

しばらく追われるでしょうが、

”今の変化の波”にのって改革しておくことが

のちに良い結果を生みます。

思いやりや高い精神性がしっかりと反映されるように

検討を重ねるとよいでしょう

美意識や美しい言葉・アイディアが

生活に役立つテクノロジーとして表現されることが

予想されます。

身の回りで発見してみるのも楽しいですね。

・・・

人の中に出ていくと必ず何らかの反応が起こります。

もし、このところ突っ走ってきたなと感じるならば

一旦立ち止まって、ゆったりとした気持ちで

周りの反応に気持ちを向けてみましょう。

嬉しい気づきや

新しい発想が浮かぶチャンスです!

【追記メモ】

・4月1日、新元号『令和』発表。

水星は、魚座29度で逆行して海王星に接触。3月6日に順行に転じて、3月25日に2回目、4月2日に最後の海王星へのコンジャンクション(魚座17度)。
水星は言葉、海王星は美的イメージ。山羊座の土星と冥王星は歴史・古きもの
水星逆行で新元号という言葉の念入りな検討から選出へ。
『令和』という2文字の言葉がもつ時空を越えたイメージが日本中に拡がる。和の美意識。

・4月5日午後、「はやぶさ2」の衝突装置が「リュウグウ」に命中。世界初。

はやぶさ2は、2014年12月3日13時22分に打上げ。

この新月は打ち上げ時のチャートのノード軸上で起こっている

さらに、打ち上げ時のチャートでは、

ノード軸=射手座の太陽(9H)/木星(9Hと10Hのルーラー)
ノード軸=射手座の水星(9H)/木星

調査・研究(水星)というミッション(太陽)の成功(木星)を表すミッドポイントでの新月。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする