天秤座の満月 2019年3月21日(追記:イチロー選手の引退)

2019年3月21日 午前10時43分

天秤座1度(数え)で満月を迎えます。

春分と同日の満月です。

春分点の太陽は、「自分」の始まり、

月は「他者」から見られることの始まりの度数にあります。

自 ー 他 の始まり。

満月のサビアンシンボルは

突き通す針により完璧にされた蝶

見られる存在としてのスタート、標本としての始まりです。

(松村先生の『ディグリー占星術』より)

それは、生まれた赤ん坊が初めて外の世界に母親を認め、

初めて「見られる」ということを知覚したときのようです。

「見られる」ことで始めて「自分」を意識するのでしょう。

満月は「実り」への感謝のときと言われています。

「見られるべき存在の始まり」への感謝のとき

と言えるかもしれません。

春分時に12ハウスにあった太陽・水星・海王星は

満月のときには10ハウスに変わります。

それは、国民から象徴として注目される

新たな権威者の誕生とも言えます。

個人の生活においては、

社会の中で果たすべき

自分の役割が生まれたことで、

同時に私生活においても

プロフェッショナルな存在として

「見られる」ようになるのでしょう。

この満月では、自分の技術や個性、才能などによって

そのように見られる存在となったことを

日常生活においても常に意識し、

活動の基盤づくりに力を注ぐと良いでしょう。

同じ目的をもつ仲間との継続した勉強会なども

とても盛り上がりそうです。

日常から離れたテーマや

独自の方法で人々の助けになるような活動に

取り組むとよさそうです。

それらの活動での交流を通して

お互いに大きなエネルギーを得られ、

長く続く深い絆が得られるでしょう。

この満月を通して

自分が世の中に創造性やアイデアを与える

存在であることを喜びましょう。

周りの人々はそこから様々なインスピレーションを

受け取ります。

そして、大切なのは

これはスタートであり、

これからの真剣な努力精進が重要である、

ということを、

あらためて自分の胸に刻むことです。

・・・

<追記>

後悔などあろうはずがない

3月21日の夜、イチロー選手が正式に引退を表明し、

日本中、そして世界の野球ファンの人々から

惜しまれ感謝されつつ球場をあとにしました。

結実」と「感謝」の満月の日は、

たゆまぬ努力を積み重ねたイチロー選手にとって

野球人生最高の日となりました。

野球選手として、一人の人間として、

完璧で美しい理想の姿を人々は見つめ

勇気と希望と感動を受け取りました。

満開の桜が一気に散っていく

桜吹雪のような美しさと潔さを感じました。

野球人生で一貫して変わらなかったことは

野球を愛したということ」、

そして

少しずつの積み重ねでしか自分を越えていけない

とも仰っておられました。

「愛」をもって

「ひたすら積み重ねていく」ことによってのみ

後悔することなく

大きな感謝と喜びを得られるのだ、

ということを

イチロー選手の姿は見事に教えてくれました。

春分の満月なので、

引退は実りのときであり

新たなスタートです。

間違いなく大きな区切りのときですね。

(一流の人の人生は、そのときの天体配置とよく共鳴しているな~と思います。)

<追記メモ>

3月23日、三陸鉄道リアス線開通。宮古~釜石は震災から8年ぶりに列車が運行。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする